岐阜聖徳学園大学附属小学校

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!聖徳学園体感型WEBマガジン

HOME > ヘッドライン 一覧 > 附属小対象体験授業

ヘッドライン

附属小対象体験授業

2009/10/17

 image10月16日(金)の午後、附属中学校に隣接する岐阜聖徳学園大学附属小学校6年生の児童を本校に招いて附属中学校の先生による体験授業を受けてもらいました。附属小学生に、一つ上の中学校の授業を体験してもらうことは毎年行っていますが、今年はこの日に実施されました。

 この日の体験授業の1時間目は「グローバルイングリッシュ」。

 本校では、英語を週9時間ほど実施していますが、そのうちの2時間ほどを「グローバルイングリッシュ」に当てています。「グローバルイングリッシュ」とは、コンピューター・インターネットを利用した英語の総合学習のためのプログラムで、得てして日本人は、英語の聴取力や会話力が弱いと指摘されますが、それを補うよい教材となっています。このグローバルイングリッシュを本校のパソコン室で、小6児童たちに体験してもらいました。附属小6年生は、週に2時間ほど英語を勉 image 強しているそうで、体験授業の担当者も、小6児童たちの聞き取りの早さに驚いていらっしゃいました。

 これが済むと、体験授業2時間目は物理室に移動して、数学の体験授業です。数学の授業とは言っても、わたしたちの日常生活で使うものについて数学的に考えよう、というもので、今回は、トイレットペーパーの回転数を実際にトイレットペーパーを持ってきて数学的に探求する、その後で、実際に広げて調べる、というものでした。児童たちは、新鮮な授業に目を輝かせて取り組んでいました。

 小6児童の保護者の方々には、附属中1年〜3年までの授業を参観していただき、その後、学校説明会を行いました。