岐阜聖徳学園大学附属小学校

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!聖徳学園体感型WEBマガジン

HOME > ヘッドライン 一覧 > 第3回中学校説明会

ヘッドライン

第3回中学校説明会

2009/10/3

 10月3日(土)、第3回の中学校説明会を実施しました。今年度は、例年より多く説明会の機会をもち、多くの人に本校を知っていただこうと計画しました。

 今回の説明会は、そのような意図もあるので、以前のホームページでもご紹介した通り、欲張りのメニューとなりました。保護者・小学校6年生児童・小学校5年生以下の児童と3つのグループが同時に展開する形で、本校としましても、できるだけのことをしたいと考えました。

 最初に通常の学校説明をした後、短い時間でしたが、本日実施されている「土曜学校」の様子を参観していただきました。学校説明が予定より長くかかりましたので、「土曜学校」参観の時間が十分にとれませんでした。また、参加者が多くて、中学生の授業の様子をしっかりと見ることができなかったかと思います。深くお詫び申し上げます。

 その後、保護者には、岐阜聖徳学園大学・教育学部の成田教授から子育てに関するお話をしていただきました。成田先生は、教育界で顕著な働きをしていらっしゃる方で、ご著書も多く執筆されています。このような方を講演会にお招きできるのも、附属幼稚園から大学・大学院まで備えた「聖徳学園」ならではのことだと自負しています。終わった後、アンケートを回収しましたが、その中に、教育講演会について「とても楽しく心に残るお話でした」と書いてくださる保護者の方がいらっしゃいました。主催する者としてもありがたく、また嬉しく思います。

 同じ時間帯に、小学校6年生の児童を対象にして、「模試対策授業(国語)」「模試対策授業(算数)」が行われました。これは、本校で11月22日(日)に実施する予定の「附属模試」の過去問題を詳しく解説し、勉強法などを本校の先生が直に伝授する、というものです。児童たちは、真剣な眼差しで附属模試の過去問題に取り組んでいました。過去問題だけでなく、類題のプリントを実践形式で解くなどもしました。2限目の「模試対策授業(算数)」の時間は保護者も加わってもらったので、お子様と保護者と二人で問題に取り組んでいる姿が印象的でした。ここで聞いた勉強のコツを大いに生かして、今後も継続して勉強し、11月22日の模試では、好成績を残してほしいものです。がんばってください。

 さて、もう一つ、同じ時間帯に行われたのが、小学校5年生以下の児童を対象とした体験授業です。最初は理科の実験。音叉やマイクを利用していろいろな音を出したり、音の波動を見たりして、楽しみました。波動を調べるために、小学生がみんな大きな声で叫び、その声が教室だけでなく、校舎中に響き渡っていました。体験授業の2限目は、国語。国語は百人一首をやりました。これは、知っている人、知らない人、さまざまで、知っている人は上の句を聞いて、もう下の句しか書かれていない取り札を取ってしまう人まで、さまざまでした。どの子も熱心で、2回り百人一首をやることができました。途中から保護者も入って来られましたが、保護者の方々がお子様を励ましたり、気づかせてあげたり、「そこにあるよ」と声を掛けたりされて、真剣な中にもにぎやかで楽しい雰囲気の中で進めることができました。

 お昼ごろにアンケートを提出していただいて、終了となりました。参加してくださった児童の皆さん、保護者の皆さん、ありがとうございました。

imageimageimageimageimageimage