岐阜聖徳学園大学附属小学校

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!聖徳学園体感型WEBマガジン

HOME > ヘッドライン 一覧 > 高校野球、関有知に惜敗・・・・

ヘッドライン

高校野球、関有知に惜敗・・・・

2009/7/20

 7月20日(月)、11時半より大垣市営北球場で、第91回高校野球選手権・岐阜大会・Cゾーンの3回戦が行われ、附属高校は、関有知高校に善戦空しく敗退しました。

 スコアは2対4。関有知は、2回、4回と小刻みに1点ずつ加点していましたが、附属高校は5回に一気に2点を返し、同点に追いつきました。その後、息詰まる投手戦の様相を帯びてきましたが、7回待望の追加点が、関有知に入り、2対4のまま逃げ切られました。附属からはたくさんの応援団が応援席を埋め、さらに、リトルリーグのフジ・クラブが応援に来てくれていましたので、まさに立錐の余地のないほどでした。応援団の人たちは声を限りに声援を送り、選手たちの健闘を讃えていました。

 惜しくも破れましたが、関有知高校は、2回戦では、本巣松陽高校にコールド勝ちしたチームです。それを思うと、2対4の接戦は附属の選手たちの健闘を表しています。一時は延長戦になるのでは・・・・と思わせたほどの五分と五分の戦いでした。5回の附属の集中打に、普段の厳しい練習の成果が出ていました。普段何度となくバッティングや守備練習をしてきた全員の成果が結晶して、1人の選手の1本のヒットとなり、1回の守備機会となるのだと感じました。だから、守備にしても打撃にしても、一つ一つのプレイが輝きを放つのでしょう。そんなことを感じさせてくれる試合でした。

 試合後、選手や応援団の目には涙が光っていました。

 

image imageimage image image image image image image image