岐阜聖徳学園大学附属小学校

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!聖徳学園体感型WEBマガジン

HOME > ヘッドライン 一覧 > 附属八景 その8 法輪

ヘッドライン

附属八景 その8 法輪

2009/6/13

 「附属八景」の最後を飾るのは、「法輪」。附属中高の校舎の西壁面にあります。
 「法輪」とは、釈尊(お釈迦様)の明らかにされた法(真理)が、人間の迷いや悪を打ち破り、あらゆる人々に平和をもたらし、一所に停滞することなくいたるところに転回することを象徴したものです。
 本校は浄土真宗本願寺派の宗門校で、さまざまな機会にこの法輪を目にします。
 岐阜聖徳学園大学羽島キャンパスの5101教室は、いろいろな行事で本校生が利用していますが、毎月行われる「ご命日法要」(親鸞聖人のご命日の法要)でも利用します。この5101教室の正面ステージ中央に法輪が設置されています。その法輪の前に灯火・お香・お花をお供えして「ご命日法要」はいつも始まります。

image image

 「附属八景」は、現在の附属に残っている、附属中高の歴史を物語る景色を紹介するコーナーです。

 なお、この「附属八景」は、このホームページの「学校について」→「施設紹介」の欄でもご覧になれます。