岐阜聖徳学園大学附属小学校

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!聖徳学園体感型WEBマガジン

HOME > イベント情報 一覧 > 心でつなげ! 岐阜県私立高等学校バレーボール選手権

イベント情報

心でつなげ! 岐阜県私立高等学校バレーボール選手権

2009/7/30

 岐阜県私立高等学校バレーボール選手権大会は、7月26日(日)、済美高等学校で行われました。この大会は県下の私立高校が集まり、東海大会・全国大会を目指す大会です。インターハイ・春高バレーを見ても、私立学校の活躍が注目を集めるように、この全国私学大会(ウインターズカップ)は大変レベルの高い大会です。

 また、3年生にとっては最後の大会とあって、各校、この大会に照準をあわせ調整してきています。ですから、毎年、心技ともに白熱したゲームが展開されます。

「心でつなげ」

 聖徳バレーボール部は、足りない技量を心でカバーする練習を続けてきました。自分を追い込み、不安になる気持ちを、仲間を信じることで乗り越える、これが「心でつなげ」の聖徳バレーです。

 

1回戦

 対聖マリア高校戦では、立ち上がりを心配されたエース佐々岡でしたが、会心のスパイクがきまり、ガッツポーズ!! チームに笑顔が生まれました。このリズムで2セットを連取しました。   

      岐聖大附 2−0 聖マリア

 

東海大会をかけた2回戦

 富田高校戦。組み合わせが決まり、1ヶ月の間、富田の両エース対策を考えてきましたが、その破壊力にはとうてい太刀打ちできない状態でした。私たちにできることはなに・・・? 「エースの力を半減させるバレー」 エースを完全な体勢で打たせなければ、破壊力は軽減される。それを課題に取り組んできました。

 練習の成果が出て粘りを発揮、20点まではシーソーゲーム。これは私たちの120%の力だったと思います。

 みんなの心には先輩ともっとバレーがしたい、東海に出場すればこのチームでバレーができる――その一心だったと思います。「心でつなげ!!」

      岐聖大附 0−2 富田

image image image image