岐阜聖徳学園大学附属小学校
聖徳学園体感型WEBマガジン

スポーツ王国岐阜
ぎふ清流国体は2012年開催!

HOME > 学校長あいさつ

 

岐阜聖徳学園大学附属高等学校 学校長あいさつ

岐阜聖徳学園大学附属高等学校は1976年(昭和51年)4月1日に岐阜教育大学(現岐阜聖徳学園大学)の附属として開校しました。

聖徳学園の設立の趣旨は、仏教精神を基調として人間教育を行うことにあります。本校では、これを学校教育において具現化することに努めています。広い視野、多角的なものの見方によって、「共に生きている」という心を養い、また「いのち」とはどのようなものなのかをしっかり見つめることで、命あるすべてのものと共鳴できる大きな心を持った人間になってくれることを望んでいます。

本校は、附属小学校でも、附属中学校でも、附属高等学校でも歌える校歌があります。このような校歌があるのは本校の一つの特色です。校歌の一番から四番に入っている「春・希望」「夏・努力」「秋・奉仕」「冬・自律」という言葉は、生きる指針を示しています。そして、それぞれの最後に「ひたすらに学ぶわれら」とあり、「学ぶ」ことが本校の大切な考え方であることを示しています。

また、本校は、幼稚園から大学・大学院までそろった県下唯一の総合学園ですので、大学と連携して教育活動を行うことができます。 このような環境の中、生徒たちはたいへん伸びやかに学校生活を送り、それぞれの目標に向かって頑張っています。 本校では、「学ぶ」、「仏教精神」、「大学の附属」という考え方を、「大学進学に向けた教育」、「心の教育」、「幼稚園から大学、大学院までの教育」という現代社会に対応する形で実践しています。 本校の教育や日々の学校生活については、他のページでひとつひとつ確認していただけたらと思います。



岐阜聖徳学園大学附属高等学校
校長 武山 正光